美容

なぜニキビができるの?

*ニキビの原因*
ニキビは毛穴が詰まって中で炎症が起きている状態であり、皮膚病の一種です。治ったと思ったら、またポツリ。ニキビは慢性化(繰り返し)やこじらせて重症になることもあるため正しいケアや治療が必要。

10代のニキビ:Tゾーンを中心に顔全体にポツポツとできる。
成長期で皮脂の分泌が活発になることが主な原因。偏った栄養バランス。寝不足。日常的にクラブ活動など激しい運動をしている場合は肌の健康を守るビタミンB₂が大量に消費されているかも…

大人ニキビ:フェイスラインにできる。目立って、治りにくいためニキビ跡が残りやすい美肌の大敵。
原因:ストレス、生活習慣、ホルモンバランスの乱れ。スキンケアと合わせて体の内側からのケアが大切。

*ニキビの種類*
白ニキビ:比較的初期の症状。痛みはまだ感じない。この段階で早めにケアすると進行を防げる
黒ニキビ:シミになりやすいので注意要。皮脂や古い角質によって毛穴がどんどん詰まってくるとコメドという皮脂の塊ができます。このコメドが酸化することで黒く見えるのが黒ニキビ。
赤ニキビ:ニキビが進行して炎症を起こしている状態。痛みを感じる。
体のニキビ:皮脂腺が多い背中や胸元、頭皮にできる。(衣類のこすれやムレが原因)

栄養バランス ビタミンB群不足
乾燥 大人ニキビは乾燥した肌にできやすい。乾燥しているのに肌がべたつく。皮膚の機能が潤いを守ろうとして皮脂を出すように働く。
睡眠不足 皮膚は睡眠中にダメージを修復して新しい皮膚を作っている。
ホルモンバランス 生理前など
冷え 代謝の低下
紫外線
花粉
ストレス
間違ったケア

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

*